旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生軒♪
弥生軒「唐揚げそば」

 JR常磐線と成田線が分岐する我孫子駅。駅のホームには、立ち食いそば・うどんの弥生軒が店を構えている。駅構内の立ち食いそば屋そのものは珍しくもないが、弥生軒は1931年(昭和16年)から5年間、放浪の画家として知られる山下清氏が働いていたことで知られる。かつて、弥生軒が駅弁を販売していた頃は、駅弁の包み紙に山下画伯の作品を採用していたという。店のカウンターの前に「ぼくがはたらいていた弥生軒のおそばおいしいよ 山下清」の看板に惹かれて、何度か足を運んだことがあったのだが、最近になってこの店の名物が「唐揚げそば(2ヶ入り)」(440円)であることを知り、用事もないのに我孫子まで足を伸ばしてみた。

 時刻は10時30分という中途半端な時間帯であったが、先客が2名おり、その後もお客が立ち替わり入れ替わりやってくる。ただ、わざわざ弥生軒のそばを食べにやってきたというよりも、乗り継ぎや出掛ける前の腹ごしらえといったタイプの人が多く、その風貌からは松戸競輪場へ向かうものと察する。松戸競輪場では3月7日までG1日本選手権が開催されている。

 さて、券売機で「唐揚げそば(2ヶ入り)」の食券を購入し、店のおばちゃんに手渡す。うどんの選択もあるのだが、山下清画伯がそばを推奨しているのでそばを注文。真っ黒い汁と茹でそばは関東独特で、取り立てて美味しいと評するに値しないのだけれども、噂の特大唐揚げはインパクトがあります。1個がフライドチキン並みの大きさで、2個並ぶとほとんど器を覆い隠してしまいます。ただし、唐揚げも冷めていて、惣菜の唐揚げを持ち買ってそのまま食べたような感じ。味よりもボリュームによる話題が先行の弥生軒でした。


 
スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

葱ラーメン♪
葱ラーメン(来来亭)

 京都がラーメン処であることは意外に知られていない。全国的にご当地ラーメンがもてはやされているが、京都は名高いチェーン店が勢力を拡大しつつある。「天下一品」、「第一旭」、「新福菜館」はラーメン好きにとっては全国区となったが、この3大チェーン店に挑むのが「横綱」と「来来亭」だ。いずれも黄色い看板を掲げているのが特徴だ。「来来亭」は本店が滋賀県の野洲にあり、京都のラーメンとして紹介するのは滋賀県民から怒られそうだが、「来来亭」のルーツは京都にあり、京都風醤油味の鶏がらスープに背脂をふんだんに浮かせているのが特徴なのだから、京都のラーメンの仲間に入れてもあながち間違いではない。

 いつも賑わっている店内を横目に素通りをすることが多かったが、ようやく「来来亭」の暖簾をくぐるチャンスに恵まれた。本来であれば野洲本店を訪問すべきであるが、そんな機会はいつ巡ってくるかわからないので、今回は六地蔵店に入ってみる。注文したのは各店舗1日30食限定の「葱ラーメン」(880円)だ。京都九条葱を山盛りにしたラーメンであるという。30食限定なのは九条葱の仕入れの関係なのであろう。

 「来来亭」は、注文時に麺の茹で加減、醤油の濃さ、背油の分量を指示できる。今回は茹で加減を堅めで注文し、その他は普通にした。「来来亭」の麺は細麺を利用しているので、堅麺で注文して丁度良い食べ応えというのが、「来来亭」のラーメンを賞味した多くの人たちの感想だ。5分程待って出てきたラーメンは、九条葱がたっぷり。九条葱をかき分けて、まずは麺から賞味する。噂通りの細麺で、堅麺で注文したにも関わらず、噛み応えは少々物足りない。ただし、濃厚な醤油と背油の浮いたスープは、こってり系のラーメンに慣れた人たちには絶賛されるのは間違いない。普通の人ならむしろ辛目と感じるのではなかろうか。ただし、九条葱との相性はばっちりで、濃いめのスープと九条葱がよく調和している。きびきびとした店員の動きも気持ち良く、店内が常に賑わう理由は味だけではなさそうだ。

屋号:来来亭 六地蔵店
住所:京都市伏見区桃山町山ノ下19番地13
電話:075-601-4009
営業時間:11:00~24:00
定休日:無休

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

芋煮ラーメン♪
佐藤屋  芋煮ラーメン

 東北地方の秋の風物詩の芋煮会。河川敷やキャンプ場でのイベントには参加したことはないが、芋煮だけなら郷土料理として各地で賞味することができる。しかし、山形で少し変わった芋煮料理を食べられる店があると知って、山形訪問の機会にはぜひとも立ち寄りたいと考えていた。遅ればせながら、1999年12月4日開業の山形-新庄間の山形新幹線伸延区間に乗車した帰りに山形へ立ち寄った。

 山形駅東口から線路沿いに新庄方面へ歩くこと15分。佐藤屋というそば処の暖簾をくぐる。佐藤屋は知る人ぞ知る「芋煮ラーメン」を食べさせる店なのだ。時刻は14時前と昼食時を過ぎていたので、それほど広くない店内でも混雑していなかったが、先客が5、6人はいる。明らかに旅行者らしき人たちばかりだ。メニューを見るとお目当ての「芋煮ラーメン」(800円)のほか、「芋煮そば」もあり、そば屋へ来たからにはそばを賞味してみたい気もしたのだが、初志貫徹して変わり種の「芋煮ラーメン」を注文。店内には山形のラーメンに関する掲示があり、県内ではそばだけではなく、山形県産のラーメンの普及に注力しているようだ。

 運ばれてきた「芋煮ラーメン」は鉄鍋に入っており、なんだか鍋焼きうどんのよう。里芋やねぎ、牛肉といった芋煮の具材にラーメンらしくメンマやかまぼこが添えられている。まずはスープを口に含むとあっさりした味わい。そば屋のラーメンはあっさり系が多い。京都でこってり系の味に慣れているので、あっさり系のスープは物足りなく感じることも多いのだが、ここのスープは出汁もしっかりしていておいしい。麺はやや太く、うどんのような食べ応えがある。それでも出汁がしっかりしているので、スープとの相性はいい。ラーメンに芋煮の具材を入れたという乱暴なものではなく、ラーメンと芋煮の風味を調和させた上品な一品であった。


屋号:佐藤屋
住所:山形県山形市桜町5番地6
電話:023-622-2321
営業時間:11:30~18:30
定休日:第2・第4月曜日



テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。