旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大岩山♪
大岩南参道① 大岩南参道② 大岩展望所

 通勤途上、山科川の河畔からいつも眺めている大岩山。遠くから眺めている限りでは緑の多い場所であるが、かつては大量の産業廃棄物が不法投棄されたり、違法な開発が行われるなど環境破壊の著しい場所であった。しかし、1996年から京都市が指導を開始し、大岩山に捨てられていた産業廃棄物も地元住民の協力もあって、すべて撤去された。また、2010年3月には京都盆地を見渡すことができる大岩展望所が開設されたという。2月であるが小春日和になった土曜日の午後に大岩山に登ってみた。

 今回は大山岩の南側から山頂を目指す。京都老人ホームの近くから続く南参道は竹藪に覆われて、嵐山の竹林の道を連想させる。しかし、竹藪を抜けたところには、産業廃棄物の処理場であったり、かつて違法な野焼きが行われていたと思われる場所が目につく。時折、トラックが行き来するので手軽な散歩道としては紹介しにくい。しばらく坂道を登っていくと、左手に「大岩ゴルフ」という打ち放し場があった。広い駐車場が整備されているが、利用者は誰もいない。ここまで車で乗り入れるのもためらわれるような道路なのだから当然であろう。

 打ち放し場のフィールドが途切れた先にはNTTの無線施設があり、この辺りが山頂付近のようだ。昨年3月に開設されたという大岩展望所もこの場所にある。先客は自転車ツーリングの2人組で、ここまで自転車で登って来るとは恐れ入る。展望所からは京都市の南部が一望できたが、あいにく西日に照らされて霞んでしまう。大岩山へ来るのであれば午前中をお勧めする。展望所の解説板は、小野小町に会うために深草少将が大岩山を越えて百夜通いをしたことや山崎の戦いで敗れた明智光秀が大岩山を越えて敗走してことを伝えている。

大岩神社① 大岩神社② 大岩無線中継所

 大岩展望所から続く遊歩道を下っていくと、大岩神社にたどり着いた。総称して大岩神社と呼ばれているが、実際には大岩神社と小岩神社の2つの神社がある。男女二人の神がそれぞれが重い病気にかかった際に、互いの献身的な看病によって病を治したことから、土地の者がその徳を称えて神社を造り、「大岩」を男性の神、「小岩」を女性の神として祀ったという。御利益はやはり病の治癒らしい。拝殿の正面にはいくつもの提灯が吊るされている。隣に社務所らしき建物があるのだが、廃墟のようになっている。神饌料400円、祈祷料500円・800円と掲げられており、季節によっては神主がやって来るのだろうか。

 展望所に戻ると産業廃棄物の不法投棄の巡視を行っている職員を見掛けた。不法投棄をするなら昼間よりも夜間であろうが、こんなところに車であっても夜間にやって来るのは勇気が要りそうだ。帰りは北参道から下山することも考えたが、自宅から離れてしまうので、今回は南参道を引き返して、初めての大岩山訪問を終えた。

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。