旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五能線♪
リゾートしらかみ みちのく温泉 不老ふ死温泉

東能代12:14(リゾートしらかみ3号/8523D)13:21ウェスパ椿山…みちのく温泉…不老ふ死温泉…艫作7:31(521D)7:43深浦10:52(リゾートしらかみ1号/8521D)13:30青森

 五能線の看板列車となった「リゾートしらかみ3号」で東能代から旅を始める。五能線に初乗りしたのは10年近く前のことで、当時は「ノスタルジックビュートレイン」で五所川原から東能代へと辿ったので、今回は逆コースを試みた。

 2月の日本海は荒れることも多く、今回の旅の目的の五能線や不老ふ死温泉も天候次第では台無しになってしまうのだが、幸いにも天候は薄曇り。旅に支障を来すような天候ではないのでまずはひと安心だ。

 「リゾートしらかみ3号」はしばらく能代の住宅街や畑の中を走った後、日本海に対面する。あきた白神で女性の駅長がお出迎えとアナウンスするので、ホームに注目したが、お歳を召された方で少々がっかり。県境を越えて青森県に入るとようやく荒々しい日本海の風景となり、五能線の旅らしくなってきた。列車も減速運転をするなど、車窓を楽しませる工夫をしてくれる。サンタランド白神や日本キャニオンで有名な十二湖を経てウェスパ椿山で今回初めての下車。こちらも女性駅長のお出迎えで、こちらは十二湖よりも若い駅長であった。

 まずは「リゾートしらかみ」をモチーフにしたスロープカーの乗車を試みようとしたが、次の発車時刻まで時間があったので、近所の昆虫館へ足を向ける。入場券はコテージのフロントで販売しているのだが、宿泊客の予約応対に付きっきり。まあ、それは仕方がないとしても、宿泊カードを記入している間に入場券を売ってくれればよさそうなものを知らん顔をする。次第にお金を出して見学するのがバカバカしくなって、そのまま昆虫館を後にした。

 ガラス工房で時間を潰してからスロープカーで展望台へ上がる。丘の上は強風が吹き付け、乗客はすぐに展望台へ入るように指示される。エレベータで展望台に上がればガラス越しに360度のパノラマ展望が待っていた。屋上にも出られるようなので、寒さを我慢して屋上へ。白神山地が雪化粧をしている姿をしっかりと眺める。

 冷えた体を温めるためにウェスパ椿山の鍋石温泉へ移動。ドーム型開閉式展望露天風呂と宣伝していたが、ドームは錆ついているし、なんとなくくたびれた雰囲気が漂っている。しかも、脱衣場では地元のおやじがタバコをふかしながら雑談をしており、室内に煙が充満しているという最悪の環境。昆虫館での対応といい、あまりいい印象を受けずにウェスパ椿山を後にする。このままでは閉鎖されるにも時間の問題ではなかろうか。

 不老不死温泉で1泊し、海辺の温泉を楽しんだ後、列車で深浦へ。600円の3館共通入場券を購入し、風待ち館、太宰の宿ふかうら文学館、深浦町歴史民俗資料館・美術館を見学する。金木の太宰治の生家よりも、ふかうら文学館の方が趣きがあって、作品「津軽」を通じて、太宰治の世界を垣間見ることができた。

 深浦からは再び「リゾートしらかみ1号」に乗車。千畳敷などしばらくは冬の日本海の景観を楽しめる区間が続く。本来なら途中下車してみたいところだが、列車の本数が少ないので諦める。その代わりに鰺ヶ沢から五所川原間では津軽三味線のミニコンサートが催され、陸奥森田から弘前までは津軽弁の語りべが乗車し、津軽地方に伝わる昔話を披露してくれる。おかげで退屈しない時間を過ごしながら五能線の旅を終えた。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tabito1975.blog71.fc2.com/tb.php/12-b127f4f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。