旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みちのく温泉♪
みちのく温泉 みちのく温泉 みちのく温泉


 五能線のウェスパ椿山から歩くこと20分。大きな水車が目印のみちのく温泉へ向かう。堂々とした門をくぐり抜けると旅館の玄関があるが、こちらは宿泊客用の玄関で、日帰り入浴客は脇にある勝手口のようなところから入る。下駄箱が並んだ玄関で300円の入浴料を支払って館内に入ると、すぐに宿泊客専用の玄関に面したロビーに出た。宿泊客に配慮して、形式的に入口を分けているだけのようだ。

 浴場前の廊下に設置されているコインロッカーに貴重品を預けて脱衣場へ。さすがに連休中とあってそこそこの入浴客がいる。茶色の濁り湯は温泉成分の遊離二酸化炭素含有量が日本一とのことで、ホウ酸の結晶が浴槽についている。含有量が多い炭酸ガスの効果で毛細血管を広げ新陳代謝を促し、若返りの湯とも呼ばれているそうだ。肌も次第にすべすべしてくる。

 みちのく温泉には露天風呂もあり、内湯からちょっとした庭を通り抜けて離れの露天風呂へ。露天風呂も男女別ではあるが、内湯から露天風呂までの庭に視界をさえぎるものが少ないので、移動中に異性と出くわすこともある。露天風呂に入るためには女性は少々勇気がいるかもしれない。冬の寒空をタオル1枚で移動し、無人の露天風呂に飛び込むが、温泉はぬるめで震えがなかなか治まらない。目の前には五能線のレールがあり、タイミングが良ければ列車を眺めることもできる。ここからの夕日もお勧めスポットのことであるが、今日は別の夕日スポットが控えているので、またの機会に譲る。結局、露天風呂を利用したのは私だけで、女性用の露天風呂にもまったく人の気配がなかった。
スポンサーサイト

テーマ:温泉旅行 - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tabito1975.blog71.fc2.com/tb.php/18-e240b833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。