旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーンライト♪
ムーンライト


梅田22:00(西日本鉄道)7:40天神

 夜行で九州に向かったことはこれまで何度もあるが、快速「ムーンライト九州」や寝台特急「あかつき」利用と鉄道ばかりであった。本当は今回も3月で廃止が決まった「あかつき」利用を考えていたのだが、連休前の金曜日と廃止景気が重なって発売当日でも寝台券を入手することができなかった。やむなく代替手段として高速バスの「ムーンライト」利用となったのである。

 梅田三番街高速バスターミナルには10分間隔で各方面へのバスが発車しており、活気に満ち溢れている。「ムーンライト」は阪急観光バスと西日本鉄道の共同運行であるが、5分前に到着したバスは西日本鉄道の車両であった。今日は2台の運行で、1号車の2B席が割り当てられた。前から2列目の中央席である。不思議なことにこれまで何回か夜行バスを利用しているが、未だに窓側の席を割り当てられたことがない。

 定刻の22時ちょうどにバスは発車。茶屋町の繁華街を高速バスで走り抜けるのも新鮮だ。車内に設置されたテレビでは「報道ステーション」が放映されていたので、手元のイヤホンで音声を拾う。その他に使い捨てのおしぼり、スリッパ、毛布が備えられており、車両中央にはトイレとコーヒー、お茶のドリンクサービスがあった。テレビは番組の途中であったが、23時になると消された。

 新大阪、千里ニュータウンで乗客を拾って、中国自動車道に入る。運転手から到着時刻、車内設備の説明があり、三木サービスエリアで消灯前の休憩となる。3月末日で廃止となる三木鉄道が走る場所でもあり、売店では限定の三木鉄道チョロQが販売されていた。

 23時35分に三木サービスエリアを出発すると、運転席と客席の仕切りだけではなく、通路にもカーテンがひかれて半個室状態となる。これなら周囲を気にせずゆっくりできそうだ。消灯を待ってリクライニングシートを倒す。

 途中、運転手の交代のために2時間置きにパーキングエリアに立ち寄ったはずであるが、ほとんど気が付かずに早朝5時半のアナウンスで目覚める。本州西端の壇ノ浦パーキングエリアだ。まだ薄暗いが、関門海峡を望むロケーションで人気がある。ここの名物はお米コロッケであるが、残念ながらまだ販売されていない。

 関門トンネルを利用して何度も行き来したことのある関門海峡であるが、関門橋を渡るのは今回が初めてだ。瀬戸大橋、明石海峡大橋など、大きな橋は渡り慣れているので、感慨はそれほどでもないが、下関や門司から何度も眺め、いつかは渡ってみたいと思っていた橋なので満足する。

 壇ノ浦から25分程で小倉駅前に到着。ここで3分の1ぐらいの乗客が下車する。「ムーンライト」の利用者は概ね小倉か福岡へ向かう乗客だ。小倉から福岡まではさらに1時間を要するが、車内灯が点いたままなのでもう一眠りする妨げとなる。早朝の時間帯なので、停留所周辺以外はせめて減光して欲しいところ。仕方がないので、備え付けの熱いコーヒーとおしぼりでバッチリ目覚める。

 博多駅で乗客のほとんどが下車し、気がつけば天神へ向かうのは私の他にもう1人だけという状態。西鉄としては、天神まで利用してもらって、電車の乗り換えという流れを期待しているのだろうが、今日は圧倒的にJRに軍配だ。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tabito1975.blog71.fc2.com/tb.php/20-63850a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。