旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島原鉄道③♪
島原鉄道(原城)  干拓の里  愛野駅


加津佐8:38(112)8:57原城11:10(120)12:03南島原12:03(120)13:11干拓の里16:01(129)16:13愛野16:28(128)16:53諫早

 連休最終日は小浜温泉から島鉄バスで加津佐駅前へ運ばれる。加津佐駅前のひとつ手前に加津佐という停留所があり紛らわしい。間違えて加津佐で下車してしまう旅行者も多そうだ。同じようなパターンは、高知県の奈半利でも経験した。車内アナウンスで、駅は次の停留所である旨を注意してもよさそうだが、残り1ヵ月少々では吹き替えのコストが無駄になるか。せめて運転手には確認をする配慮が欲しいものだ。

 加津佐からは昨日と同じ112列車に乗り込む。黄色いワンマンカーで、始発駅であったこともあり、窓側のボックス席を確保する。8時38分に加津佐を静かに発車し、今度こそ最後の乗車なので車窓をしっかりと眺める。白浜海水浴場前、口之津と停車するに連れ、昨日の記憶が蘇ってくる。今日の最初の下車駅は、島原の乱で名高い原城だ。

 原城で降り立ったのは、私の他に地元客3名と旅行者らしきアベックだ。アベックは原城跡が目的の観光客と思いきや、駅や列車の写真を撮影すると、駅前のバス停留所へ。列車とバスを活用したお別れ乗車組で、鉄道ファンのアベックとは珍しい。最近は女性の鉄道ファンも増えたことだし、今後は全国各地で見掛けることも増えそうだ。

 さて、降り立った原城も無人駅で、かつての駅事務室も閉鎖されている。それでも原城への観光案内だけは残っており、道順を確認してから出発する。駅周辺の集落を抜けると畑が続き、徒歩15分ぐらいで原城真砂温泉に辿り着いた。500円の入浴券を自動販売機で購入して脱衣場へ向かうと、既に先客が何人もいる。開館したばかりではないかと思ったら、先客は浴衣を身に付けており、宿泊客と判明。原城真砂温泉は宿泊もできる施設だったのだ。温泉は単純温泉なので、無色透明で面白味がないが、ガラス張りの浴場からは眺める有明海は見事だ。

 温泉でさっぱりしてから原城址に向かう。真砂温泉から畑に囲まれた道路を10分程歩いてたどり着いた原城址には、島原の乱を指導した天草四郎時貞の像や墓があり、キリシタンのシンボルである白い十字架の塔が建てられていた。幕府の要請により、オランダ軍の軍艦が砲撃したとのことだが、有明海に面した原城址を見れば納得する。

 原城のホームで列車を待っていると、地元のお婆さんが島原鉄道の廃止について会話をしている。要約すると列車だと諫早まで時間がかかり過ぎるので、バスや車で移動した方が便利とのこと。一般的にはバスよりも鉄道の方が早いと思うのだが、急行列車は1日1往復だけなので、地元の需要には応えられなかったようだ。

 120列車は旧型車両のキハ20であったが、幸いにも山側のボックス席が開いていたので落ち着く。人気があるのは圧倒的に海側であるが、山側でも雲仙普賢岳を眺めることができるし、それなりに車窓は楽しめる。車掌はマメに車内巡回と車内アナウンスを繰り返し、記念乗車券の販売に努めている。記念乗車券といっても特殊な乗車券ではなく、廃止区間の乗車券を昔ながらの車内補充券で売っているのであった。

 島原外港まで戻って来ると廃止区間のお別れ乗車は終了。時刻表上は諫早までの直通となっているのだが、南島原で乗り換えを指示される。普段はワンマン列車で運行するところを、特別に加津佐-南島原間にキハ20をあてがったのだ。南島原からは黄色いワンマン列車となるが、2両が1両になるので、車内は混雑する。かろうじて海側のボックス席を確保したが、すべての席が埋まる。

 4月以降も存続する区間に入ったので、沿線にはカメラを構えた鉄道ファンの姿は見掛けなくなったが、代わりに地元客の利用者も増えてくる。もっとも、島原近郊の利用者が多く、各駅に停車するに連れて車内に落ち着きが戻ってくる。

 今度は干拓の里で下車。諫早と言えば干拓が名高く、干拓の里という駅名に惹かれたのだ。干拓の里は片面ホームだけの無人駅で、下車したのは部活動帰りかジャージ姿の女子高生3名だけ。少し歩けば諫早ゆうゆうランド干拓の里という施設があるので足を向けてみる。

 スピーカーから童謡のメロディーが流れて来る諫早ゆうゆうランド干拓の里に到着。広い駐車場にはそれなりの車があり、賑わいがあるようだが、子供連れでやって来る施設かなと躊躇する。それでも施設内には資料館や水族館もあるようだし、完全な子供向けの施設でもないようだ。資料館で諫早干拓について学び、水族館では諫早干拓に生息するムツゴロウを見る。ムツゴロウは食用にもなるらしいが、実際に食べられているのか疑わしい。昼食時だったので、併設されているレストラン「のんのこ亭」に入ったが、ムツゴロウのメニューはない。変わりに長崎名物の「トルコライス」を注文した。

 帰りの飛行機まで時間に余裕があったので、「愛野から吾妻」までの記念切符で有名な愛野に立ち寄ってみる。メルヘンチックな駅舎は気恥ずかしくなるが、駅員は在駐しており、記念切符も販売されていた。「愛野から吾妻」までの乗車券と「幸」の入場券2枚をセットにした記念切符と「幸→愛野→吾妻」という記念乗車券が販売されていたので双方を買い求める。「幸→愛野→吾妻」は、「幸せを愛しの吾妻に」と読ませるようだ。いつか妻にプレゼントしよう。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tabito1975.blog71.fc2.com/tb.php/23-ec70dba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。