旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指宿温泉♪
指宿温泉① 指宿温泉②


 鹿児島中央から指宿枕崎線の普通列車1325Dに運ばれ、8時08分に指宿駅へ降り立つ。指宿へやって来るのは2度目であるが、前回は列車の待ち合わせ時間を利用して、旅行貯金のために郵便局へ往復しただけであったので、指宿の観光は今回が初めてだ。

 指宿と言えば日本を代表する温泉地であり、砂蒸し温泉で名高い。指宿に来たからにはぜひとも砂蒸し温泉を試したいので、駅から徒歩20分の砂むし会館「砂楽」を目指す。バスやタクシーもあるのだが、会館時刻は8時30分からなので歩いて行くとちょうどいい頃合いだ。

 会館したばかりの館内に入り、カウンターで900円の入浴料のほか、100円を支払って記念タオルを購入する。タオルは持参していたが、砂蒸温泉の記念タオルが欲しかったからだ。受付で簡単な説明があり、脱衣場で浴衣に着替える。浴衣姿で浜辺に降りれば、その一角が砂蒸浴場となっていた。指宿の砂蒸温泉は衛生上問題があると聞いていたが、1人が入浴した後はきちんと消毒をしており、衛星管理も徹底している。

 係員に指定された場所で仰向けになり、砂をかぶせてもらう。身動きが取れないのかと思ったが、手は容易に砂から出せるようになっており、自力で起き上がることも可能だ。大きな時計が設置されており、入浴時間は5分から10分程度が目安とのこと。汗が流れて来ると係員がぬぐってくれる。なんだかんだで20分程度砂蒸しを楽しみ、シャワールームで砂を流し落としてから、今度は天然の温泉へ。今日は天気もよく、初めての指宿温泉を朝から十分に堪能した。
スポンサーサイト

テーマ:温泉旅行 - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tabito1975.blog71.fc2.com/tb.php/27-b54129aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。