旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央ドリーム京都号♪
中央ドリーム京都号

京都駅烏丸口22:30(中央ドリーム京都82号)6:22新宿駅新南口

 夜行バスを頻繁に利用するようになって久しいが、夜行高速バスの元祖である「ドリーム号」はこれまで利用したことがなかった。最も大きな理由は、学生時代は「青春18きっぷ」を利用して、大垣夜行(現在の「ムーンライトながら号」)の利用が主で、夜行バス全盛時代に至っては、格安ツアーバスを利用することが多かったからだ。ところが、2年前の原油高の影響が出始めてから、ツアーバスの価格競争も落ち着き始め、週末など利用時期によっては路線バスの方が安くなるという逆転現象も現れ始めている。そこで今回、友人の結婚式で東京へ出向く必要が生じたことから、JRバスの「ドリーム号」を初めて利用してみることにした。

 「ドリーム号」といっても最近は様々なバリエーションが生じている。元祖ドリーム号は東京-大阪間であるが、現在では関西圏でも京都、奈良、神戸、なんば・堺、びわこ(大津)など、行き先別に路線があり、更には車両のグレードに応じて、プレミアム号や青春号まで登場した。東名高速道路ではなく、中央高速道路を経由する「中央ドリーム号」もある。

 元祖「ドリーム号」に乗車するなら京都-大阪間であろうが、京都からわざわざ大阪まで出向くほどモノ好きではなく、元祖にこだわらないのであれば、変わり種の中央高速道路経由を試してみることにした。東名高速道路経由の路線は、過去に何度もツアーバスで利用しているので面白味に欠ける。

 22時過ぎに京都駅烏丸口に到着すると、バス乗り場は各種の「ドリーム号」を待つ乗客で賑わっていた。金曜日の夜行高速バスは、週末のレジャーに欠かせない存在となっている。学生ぐらいの若い世代が多く、そのほとんどが22時20分発の「青春ドリーム京都号」に吸い込まれていく。「青春ドリーム号」は学生をターゲットにした「ドリーム号」の廉価版で、通常の「ドリーム号」が独立3列シートであるのに対して、「青春ドリーム号」は従来型の4列シートになっている。隣に知らない人がやって来ると少々気を使うが、仲間同士の利用ならこちらで十分であろう。

 「青春ドリーム京都号」が発車すると、間もなく「中央ドリーム京都82号」がやって来た。週末や多客時のみに運行される臨時便であり、定期便よりも30分程早いダイヤになっている。行き先表示板はLED照明、きれいなボディーに期待したが、車内に入るとかなりシートがくたびれている。トランクルームに預けた荷物も他の路線バスのようにクレームタグは存在せず、自己責任で管理しなければならない。飲み物やおしぼりのサービスもなく、サービス水準はツアーバスと大差がない。

 名神高速道路に入った「青春ドリーム京都号」は、0時過ぎに養老サービスエリアで休憩。乗客が降りることができるサービスエリアは、この養老サービスエリアのみで、これから先のサービスエリアは乗務員の交代と休憩のためだけの停車となる。鉄道で言えば運転停車だ。駒ヶ根サービスエリアでは、西日本JRバスの運転手からJRバス関東の運転手に交代。この辺りはJRグループらしい。

 気が付けば既に東京都内に入っており、中央道八王子、中央道日野と停車していく。下車客がいない停留所でも立ち寄っていくのは時間調整の関係であろうか。ツアーバスはもちろん、路線バスでも下車客のいない停留所は通過して早着するケースがあるのに律義である。鉄道の習慣が引き継がれているのであろうか。それでも定刻より10分程早く終点の新宿駅新南口に到着した。バスターミナルというよりは、車庫のような雰囲気だったが、新宿駅に隣接していることには間違いない。乗客は足早に新宿駅の改札口へと消えて行った。


 

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。