旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生軒♪
弥生軒「唐揚げそば」

 JR常磐線と成田線が分岐する我孫子駅。駅のホームには、立ち食いそば・うどんの弥生軒が店を構えている。駅構内の立ち食いそば屋そのものは珍しくもないが、弥生軒は1931年(昭和16年)から5年間、放浪の画家として知られる山下清氏が働いていたことで知られる。かつて、弥生軒が駅弁を販売していた頃は、駅弁の包み紙に山下画伯の作品を採用していたという。店のカウンターの前に「ぼくがはたらいていた弥生軒のおそばおいしいよ 山下清」の看板に惹かれて、何度か足を運んだことがあったのだが、最近になってこの店の名物が「唐揚げそば(2ヶ入り)」(440円)であることを知り、用事もないのに我孫子まで足を伸ばしてみた。

 時刻は10時30分という中途半端な時間帯であったが、先客が2名おり、その後もお客が立ち替わり入れ替わりやってくる。ただ、わざわざ弥生軒のそばを食べにやってきたというよりも、乗り継ぎや出掛ける前の腹ごしらえといったタイプの人が多く、その風貌からは松戸競輪場へ向かうものと察する。松戸競輪場では3月7日までG1日本選手権が開催されている。

 さて、券売機で「唐揚げそば(2ヶ入り)」の食券を購入し、店のおばちゃんに手渡す。うどんの選択もあるのだが、山下清画伯がそばを推奨しているのでそばを注文。真っ黒い汁と茹でそばは関東独特で、取り立てて美味しいと評するに値しないのだけれども、噂の特大唐揚げはインパクトがあります。1個がフライドチキン並みの大きさで、2個並ぶとほとんど器を覆い隠してしまいます。ただし、唐揚げも冷めていて、惣菜の唐揚げを持ち買ってそのまま食べたような感じ。味よりもボリュームによる話題が先行の弥生軒でした。


 
スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。