旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本中央バス♪
日本中央バス


さいたま新都心東口23:30(日本中央バス)6:00富山駅前

 深夜のさいたま新都心駅東口から日本中央バスの富山・金沢行きに乗車する。日本中央バスは、群馬県前橋市に本社を置く会社であるが、首都圏発着の夜行バスにも積極的に参入しているバス会社である。3年前に京都から高崎まで乗車した経験があるが、ガラの悪い運転手の横柄な態度に閉口し、こんなバスには2度と乗るかと思ったものだ。そんなバス会社に再度、乗車しようと思ったのは、11月30日までの期間限定で、運賃の割引を行っていたからである。今回利用したのはさいたま新都心駅東口から富山駅前までであったが、運賃は本来の6,500円が5,500円。これでも週末料金で、日曜日から木曜日の乗車であれば、さらに500円引きになっていた。安かろう悪かろうを承知のうえで割り切って利用しようと考えた次第である。

 当日は銀座で友人と飲み、有楽町駅から山手線に乗り、上野で高崎線に乗り継いで、さいたま新都心にたどり着く。国鉄の大宮操車場跡地を開発したさいたま新都心も、街開きから10年を経て、すっかり都会の街の装いになっている。ショッピングセンター「コークン新都心」の前に日本中央バスの停留所を発見し、バスの到着を待つ。バスの始発はグランドプリンスホテル赤坂。22時に赤坂を出発したバスは、ホテルグランドヒル市ヶ谷、新宿・ヒルトン東京を経て、さいたま新都心駅東口にやって来る。銀座にいるのであれば、赤坂から乗車してもよさそうなものだが、赤坂に22時では21時過ぎには切り上げないといけない。さいたま新都心東口からの乗車であれば、22時過ぎまで銀座で粘っても余裕で間に合うのである。運賃も赤坂乗車よりも500円安くなり、有楽町からさいたま新都心までのJRを利用しても450円で済むのだから50円の節約だ。いや、銀座から赤坂までの東京メトロの運賃160円も節約できるので、210円の節約か。いずれにしても、高速バスを利用するときは、郊外から乗車した方が時間もお金も節約できるケースが多い。

 バスは出発時刻である23時30分の5分前に現れた。日本中央バスは、バウチャーに座席指定がされておらず、乗車時に運転手から乗車場所を指定される。前回は乗車時に客の名前を呼び捨てにしたり、指定された場所と異なる座席に座ろうとした乗客に「そこじゃねえよぉ」などと怒鳴るサービス業とは思えない運転手に遭遇したが、今日の運転手は言葉遣いも丁寧で、特段の問題は見受けられなかった。他社では当たり前のことであるが、日本中央バスの運転手は通常の対応をするだけで、ものすごくレベルが高い接客だと感じてしまう。いや、さすがに前回の運転手が酷過ぎたのか。

 バスは定刻に発車し、最後の乗車地である川越駅西口に立ち寄る。川越駅西口は、ダイヤ上は23時59分発となっているが、実際は0時10分ごろに到着した。途中、渋滞に遭遇することもなかったので、本来はそのぐらいの時間になるところを、乗客が間違えて乗車券を購入しないように23時59分発という中途半端なダイヤにしたのであろう。

 川越インターチェンジから関越自動車道に入ったバスは、高坂サービスエリアで最初の休憩。高坂サービスエリアを出発すると、車内は消灯される。私は独立3列の中央席であったが、左右の窓側に座った乗客が、カーテンの隙間から外を眺めるので、街灯の明かりが車内に入り込んでチカチカする。夜行列車では防犯上から望ましくないと思っていたアイマスクも、夜行バスでは必需品かなとも思う。

 しばらく眠り、バスが2度目の休憩のために停車したので降りてみる。日本中央バスの特徴は、夜中の休憩でも車内に閉じ込められることなく、自由に降りられるところにある。もっとも、出発時には点呼が行われるので、ずっと眠っていたい人にとっては、眠りを妨げられる弊害がある。私は、深夜でも狭い車内よりも手足を思いっきり伸ばせる休憩が時折入るのが有難いため、日本中央バス方式を歓迎する。

 さて、寝ぼけ眼で降り立ったサービスエリアは、さすがに寒い。売店に駆け込むと新潟名産の柿の種が並んでおり、ここが新潟県の越後川口サービスエリアであることに気付く。てっきり、上信越道をたどると思っていたので驚きだ。列車で言えば、かつての碓井峠越えをしていた「能登」ではなく、長岡経由の「北陸」ルートに近い。

 最後の休憩は、富山県の有磯海サービスエリアで、こちらの売店には名物のほたるいかが並んでいた。高速バスのサービスエリアめぐりもなかなか楽しいものである。休憩時間が10分から15分程度なので、フードコートすら利用できないのは少々難点ではあるが・・・。

 富山駅前には定刻の6時に到着した。前回、利用したときは、未明の高崎駅に定刻よりも1時間早く到着し、迷惑をしたものであるが、今回は路線バスらしく、定時を保ってもらうことができた。日本中央バスの真価を判断するためには、少なくとももう1度ぐらい乗車しなければならないであろう。

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント
同感
私も数年前にとても嫌な思いをしました。
会社はそういう運転手がいることを知らないようですが、それでは会社として不味いのではないでしょうか。
【2012/02/26 19:24】 URL | masa #cbjh1FJ2 [ 編集]


地元ですが最低なバス会社ですよ~
【2012/09/27 07:29】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。