旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山地方鉄道(大阪線)♪
富山地方鉄道バス

富山駅前12:10(14便)16:47京都深草

 北陸新幹線の開業を2014年に控えて、立体化工事が進められている富山駅前の高速バス乗り場から、富山地方鉄道の高速バス大阪(梅田)行きの昼行便に乗り込む。富山-京都・大阪間は、本来は2往復体制であるのだが、2010年9月17日から2011年3月31日までの期間限定で2往復が追加運行され、毎日4往復体制となっている。阪急バスとの共同運行で、14便は富山地方鉄道の車両であった。昼行便ではあるが、独立3列シートになっており、快適性は確保されそうだ。かつて利用した京都-金沢間の京阪バスは4列シートであったため、窮屈な感覚は否めなかった。

 車内には、ウォーターサーバーと緑茶とほうじ茶のティーパック、おしぼりが備えてあった。阪急バスであれば、インスタントコーヒーもあるらしいのだが、共同運行のバスは、担当会社によってこのような微妙なサービスの相違が出てくる。さっそく、ティーバックのお茶にお湯を注いでみたが、始発だったのでまだお湯は十分に沸騰していなかった。

 指定された座席は2列目の中央であったが、運転手より窓側が良ければ最後部の窓側が空いているので移っても良いとの有難い言葉をもらったが、最後部の座席には茶髪の若者のグループが乗り合わせていたので見合わせる。休憩場所のサービスエリアで降りるのにも車両前方が都合がいい。

 高速バスは、富山駅前からまっすぐ国道41号線を南下し、総曲輪、富山市民病院前、西上袋と近距離の路線バス並に停車し、お客を拾っていく。どの停留所からも数名ずつお客が乗り込み、鉄道に対抗するための極め細やかなサービスである。富山12時06分発の「サンダーバード24号」であれば、大阪到着は15時37分。バスよりも2時間以上も早く到着するので、運賃だけでは勝負にならないのであろう。1998年には当時、この区間の高速バスに参入していた南海電鉄が撤退し、休止に追い込まれた経過もある。

 日本中央バスで6時間前に降りてきたばかりの富山インターチェンジから再び北陸自動車道に入る。神通川の手前の川岸には富山空港の滑走路が広がっており、富山空港はこんなところにあったのかと驚く。離着陸する飛行機に目を奪われるドライバーが多いのか、注意喚起を促す看板が掲げられていた。

 バスはこのまま北陸自動車道を走るのではなく、30分もしないうちに砺波インターチェンジを降り、JR城端線の砺波駅前に立ち寄る。ローカル線の途中駅に立ち寄ったところで利用者がいるとは思えなかったのだが、城端駅前からも数名が乗り込んできた。砺波だけではなく、高岡からの利用者もここから乗車してくるのかもしれない。

 金沢市郊外を走り抜けて、最初の休憩場所である尼御前サービスエリアに到着。あまり聞きなれない地名であったが、地図を確認すると片山津温泉の近くであることが判明する。尼御前は、源義経の従女として、義経一行の奥州行きに同行していたが、難所の安宅関超えに際して、「女の私がいては足手まといになる」と身を案じてこの岬から身を投げたという伝説が残っている。反対車線のサービスエリアからであると、尼御前岬にも行くことができるらしい。

 尼御前から北陸自動車道は日本海からしばらく離れる。九頭竜川を渡ると、北陸自動車道の下にレールが続いており、えちぜん鉄道が走っている姿が見えた。いくつかの停留所に立ち寄り、サービスエリアでの休憩もあったので、退屈せずに過ごしてきたが、早いものでもう福井市内に入っている。

 日本海との再会は敦賀湾。敦賀インターチェンジの近くでは、かつて敦賀駅から夜道を歩いてたどり着いた「敦賀きらめき温泉リラ・ポート」が視界に入る。1957年に着工した北陸トンネルを掘削したときに湧き出た敦賀トンネル温泉に入浴できる貴重な施設だ。かつては国民宿舎敦賀荘で入浴できたのであるが、現在は閉鎖されてしまった。現在、敦賀トンネル温泉に入浴できる施設は、「北国グランドホテル」と「リラ・ポート」だけである。

 神田パーキングエリアで2度目の休憩。こちらも聞きなれない地名であるが、長浜市の南部に位置し、パーキングエリアからは東海道新幹線を確認することができた。パーキングエリアには小さな売店があるぐらいで、どうせ休憩するのであればサービスエリアを選んでもらいたいものだ。2時間に1回の休憩時間を確保するためにはやむを得ないのであろうが、休憩で立ち寄るサービスエリアも高速バスの楽しみのひとつなのであるから工夫が欲しい。

 栗東インターチェンジを過ぎた辺りから交通量が増えてきたが、定刻の16時47分頃に京都深草に到着。京都深草は京阪電鉄藤森駅に近く、ここから大阪市内方面へは渋滞が予想されることから、急ぐ場合は京阪に乗り換えることも検討した方が良さそうだ。バス代の差額400円で淀屋橋まで行くことができる。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。