旅の足跡
tabitoの旅の足跡を残していきます。
訪問者数



プロフィール

tabito

Author:tabito
国内旅行業務取扱主任者、一般旅行業務取扱主任者の資格を取得。全国47都道府県、世界約30ヶ国を旅する。日本の鉄道全線踏破を目標としているが、相次ぐ新線開業に加え、多忙につき足踏み状態。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイヤルエクスプレス♪
ロイヤルエクスプレス② ロイヤルエクスプレス①

 関西から福岡までの夜行バスと言えば、西日本鉄道バスと阪急観光バスが定番であるが、料金の安さと到着時刻の速さから独立3列席でツアーバスから転身したロイヤルエクスプレスを利用してみることにした。利用したのはロイヤルエクスプレスの熊本行き。途中、小倉、博多、久留米を経由して熊本に向かう。

 停留所の場所は、ツアーバスの名残りで、京都駅八条口の東側にある。集合時間の指定などはなく、30分前に停留所に立ち寄ったときには、バスの姿はなく、近くのコンビニエンスストアで時間を潰す。10分前に停留所に出向くとグリーンの車体のバスが停車していたが、行先表示は「回送」となっている。停留所の前にはバスを待つ人がちらほら見受けられたので、まだバスが来ていないものと思っていたら、運転手から声を掛けられた。既に乗車が始まっており、私が最後の乗客であった。

 京都駅からの乗客は10名程度しかいない。指定された座席は5Cで、座席番号はシートカバーに記載されている。もっとも、大半の乗客は、網棚や手すりをのぞき込んで座席番号を探している。当たり前の位置に記載されていないと、目立つように記載していても気付かないものである。

 京都南インターから名神高速道路に入り、20時48分に桂川PAで最初の休憩。あまりにも早い休憩に拍子抜けするが、WILLERバスターミナル大阪梅田の到着の時間調整との案内があった。時間調整ならもっと梅田の近くで行うべきだと思うのだが、大阪市内では適当な場所がないのかもしれない。

 桂川PAを21時に出発し、吹田から千里中央、新御堂筋を経てWILLERバスターミナル大阪梅田には、21時40分に到着した。WILLERバスターミナル大阪梅田は、梅田スカイビルタワーイーストの1階にWILLER GROUPが開設したバスターミナルである。主力はWILLER GROUPの高速バスであるが、ロイヤルエクスプレスも乗り入れを行っている。バスの停車中は、アイドリングストップが行われるため、車内の空調も切られてしまう。しかも、降車は認められないため、しばらくは蒸し暑い車内で我慢を強いられる。

 WILLERバスターミナル大阪梅田でほぼ満席になり、定刻の21時50分に発車。空調も再稼働して、車内に冷気が漂ってくる。海老江から阪神高速に入ると、再び中島PAで時間調整の停車。今度は乗客の乗降は認められなかったが、アイドリングストップも行われなかったので、車内は快適であった。

 三宮駅前が最後の乗車地で、阪神高速から山陽自動車道に入る。就寝前の休憩場所である三木SAには0時05分に到着。出発時刻は0時25分とゆとりのあるダイヤになっている。車内が乾燥しているのか、喉が渇くのでミネラルウォーターを購入。パックのお茶も配布されているが、長時間の乗車ではペットボトルが便利である。三木SAを発車すると完全消灯となった。

 寝たり起きたりを繰り返していたが、3時15分の宮島SAで10分間の休憩があった。ここまでは順調な走行のようである。宮島SAを名乗るからには、近くに宮島があるのかと思ったが、宮島からは少し離れた廿日市に位置しているようだ。

 宮島SAを3時25分に発車。再びまどろんでいると、いつの間にかバスは門司市内を走行していた。門司港レトロ、九州鉄道博物館、巌流島を眺めていると、小倉駅到着のアナウンスがあった。定刻よりも5分遅れの5時50分に小倉に到着したが、夏休み期間中の長距離路線にしては順調である。

 小倉駅を発車後、北九州高速道路に入り、山路PAで時間調整の停車。九州自動車道に入って、博多駅筑紫口には5分遅れを持ち越したままの7時05分に到着した。しかしながら、ダイヤの正確性としては合格点である。3列独立シートやスリッパ、ホットアイマスクなどのアメニティ、パックのお茶、携帯電話充電用のコンセントの設置など、基本サービスは申し分ない。乗務員の案内も丁寧であるが、トランク預かりの荷物は半券方式ではないため、他人の荷物と間違えないように注意が必要である。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tabito1975.blog71.fc2.com/tb.php/44-9802460f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。